• 酒ぽTOP
  • コラム
  • 純米?吟醸?本醸造?日本酒の種類とその分類をわかりやすく解説!

純米?吟醸?本醸造?日本酒の種類とその分類をわかりやすく解説!

純米?吟醸?本醸造?日本酒の種類とその分類をわかりやすく解説!

突然ですがみなさん、日本酒の分類についてはご存知ですか?「純米」「本醸造」「吟醸」「大吟醸」私も昔は「聞いたことがある」ぐらいの認識でその違いなどは全く知りませんでした。今回はこの日本酒の分類についてお話したいと思います。

日本酒の分類って?

それぞれ細かく解説をする前に、日本酒の分類についてお話します。日本酒は大きく分けて2種類「本醸造酒」と「純米酒」でこれらは、原材料によって分類されることをご存知でしょうか。

本醸造酒と純米酒、材料の違い

日本酒が米、米麹によって作られることは皆さんご存知だと思います。そこに醸造アルコールを添加して作るのが「本醸造酒」で、米と米麹だけで作られるのが「純米酒」となります。

醸造アルコール?

醸造アルコールについて詳しく語るとそれだけでコラムが1本書ける程度には深い話になります(工業エタノールとか、食用に添加してはいけないとか、管轄省庁の違いとかetc)そのため、ここでは「甲類焼酎の様な物」と思って貰えれば大丈夫です。日本酒製造の過程で風味や度数を調整し日本酒を安定させるために利用されます。

ちょっとした小話

私が日本酒の分類について教えてもらった際に「アルコールの有無だよ」と、とても簡潔に説明されてしまい、純米酒はノンアルコールなのだと3日間ぐらい勘違いしておりました。「お前があのとき飲んで酔っ払ったのも純米酒だったろ!」とツッコまれて気づき、自分の手で日本酒について調べるキッカケになりました。

  1. アルコールを添加して作るのが醸造酒
  2. アルコールを添加せず作るのが純米酒

吟醸・大吟醸について

原材料の違いで本醸造酒と純米酒に分かれることを説明しました。でもまだ日本酒のラベルにはよくわからない言葉がありますよね?そう先程も上げた「吟醸」及び「大吟醸」です。この説明には欠かせない「精米歩合」次はこちらを説明します。

精米歩合とは

玄米を1とし、その外側をどれだけぬかとして廃棄するか(内側何%を原料として使うか)を表しています。そのため、精米歩合50%と言ったら玄米の半分しか使っていない事となり、それだけ大変な精米をしている事となります。また、精米歩合が低いよく磨かれたお米を使った日本酒ほど高品質と言われます。

精米歩合による違いは?

精米歩合が低くなると一般的に、「すっきり」さや「香りの華やかなさ」「軽さ(薄さ)」などといった特徴が目立ち、精米歩合が高いと「味わいの深さ」「米の香り」「重さ」「くどさ」などといった特徴が目立ちます。

精米歩合と吟醸の関係

精米歩合が低い=高品質という話をしました。そう精米歩合の数字こそが「吟醸」「大吟醸」の区分の基準なのです。ちなみに、60%以下を吟醸酒。50%以下を大吟醸酒と言います。

  1. 精米歩合によって日本酒の種類が変わる
  2. 精米歩合によって味の指向性がだいたい分かる
  3. 60%以下を吟醸酒 / 50%以下を大吟醸酒という
純米?吟醸?本醸造?日本酒の種類とその分類をわかりやすく解説!

まとめ

ざっくりとした分類は上記の画像の通りです。 製造方法を限定した「特別」がつく物についてはそういう物なんだなぐらいで今は覚えておきましょう。もし日本酒にどっぷりハマった際に杯を交わしながら語らいましょう。日本酒はとても奥が深いです。

いかがでしたか?自分の味の好みに合わせて「精米歩合」から日本酒を選んでみるのもいいかもしれませんね!

このエントリーをはてなブックマークに追加  総Good:1

PR

コメントをつけるレビュー内容
test4

書き込むキャンセル
味わい
甘口・辛口
風味
味覚
香り
その他
初期化 元に戻す 確 定 キャンセル