お酒が抜けるまでの時間と早く抜く方法

お酒が抜けるまでの時間と早く抜く方法

飲みたい…けれど明日も仕事だ。そんな時どの程度飲めるのか知っていれば気持ちに余裕を持って飲めますよね。

そんなサラリーマンのため、次の日に二日酔いの心配をしないように抑えておきたい知識をまとめました!

お酒が抜けるまでの時間はどのくらい?

お酒が大好きで車を運転する機会の多い方は、「抜けるまでにどのくらいの時間がかかるの?」「何時間が経過すれば酒気帯び運転じゃなくなるの?」と疑問を抱えるのではないでしょうか。

飲酒運転は絶対に避けるべき行為ですので、アルコールが身体から抜けるまでの時間は知識として頭に入れておく必要がありますね。

しかし、お酒が抜けるまでの時間は、「○○時間」と一概に説明することはできません。

それはアルコールが体内に入ってから抜けるまでに、次のように様々な要因が絡まってくるのが理由です。

  • 体重
  • 身長
  • アルコール度数
  • 飲酒量
  • その時の体調

アルコールを分解する能力は、どれだけのアルコール分解酵素ALDH(アセドアルデヒド脱水素酵素)を持っているのかで決まります。

体格の大きな人はお酒に強い」といったイメージがありますが、身体の小さい人でもアルコール分解酵素ALDH(アセドアルデヒド脱水素酵素)の所有量が多ければ比較的短時間でお酒が身体から抜けるのです。

お酒が残るとは?

アルコールを分解する能力として「アルコール分解酵素ALDH(アセドアルデヒド脱水素酵素)」を紹介しましたが、この「アセドアルデヒド」こそが「気持ち悪い」を演出する要素であり、これが次の日にも体内に残っている事で「二日酔い」という症状が発生します。

アセドアルデヒドが体内に「残る」からこそ、「お酒が残る」と言うかは定かではないですが、逆に言えばこのアセドアルデヒドをすべて体外に出す。又は全て無害の物質に分解してしまうことで「酔い」が覚めるということです。

お酒が抜けるまでの時間(目安)を計算してみました

ここでは、純アルコール量を「アルコール度数×量×アルコール比重の0.8」として計算し、「体重×0.1=1時間で分解できるアルコール量」で、お酒が抜けるまでの時間の目安を計算してみました。

5%のビール1缶(350ml) 8%のストロング系1缶(350ml) 10%のハイボール1缶(350ml)
体重50㎏ 2時間48分 4時間29分 5時間36分
体重55㎏ 2時間33分 4時間05分 5時間06分
体重60㎏ 2時間20分 3時間44分 4時間40分
体重65㎏ 2時間10分 3時間12分 4時間19分
15%の日本酒1合(180ml 25%の焼酎1合(180ml) 40%のウイスキーダブル1杯(60ml)
体重50㎏ 4時間20分 7時間12分 3時間51分
体重55㎏ 3時間56分 6時間33分 3時間30分
体重60㎏ 3時間36分 6時間 4時間40分
体重65㎏ 3時間20分 5時間33分 2時間58分
5%のビール1缶(350ml) 8%のストロング系1缶(350ml)
体重50㎏ 2時間48分 4時間29分
体重55㎏ 2時間33分 4時間05分
体重60㎏ 2時間20分 3時間44分
体重65㎏ 2時間10分 3時間12分
10%のハイボール1缶(350ml) 15%の日本酒1合(180ml
体重50㎏ 5時間36分 4時間20分
体重55㎏ 5時間06分 3時間56分
体重60㎏ 4時間40分 3時間36分
体重65㎏ 4時間19分 3時間20分
25%の焼酎1合(180ml) 40%のウイスキーダブル1杯(60ml)
体重50㎏ 7時間12分 3時間51分
体重55㎏ 6時間33分 3時間30分
体重60㎏ 6時間 4時間40分
体重65㎏ 5時間33分 2時間58分

ストロング系チューハイはウイスキーよりもアルコール濃度が低いのですが、飲む量が多いのでお酒が身体から抜ける時間が長くなります。

もちろん、全てあくまでも目安ですので、人間の体内の変動を簡易な計算式で正確に導き出すことはできません。

しかし、「深夜までお酒を飲み続けている」「お酒を飲む量が多かった」という方は、知らず知らずのうちに酒気帯び運転になっているケースもありますので十分に注意してください。

お酒が抜けるまでの時間と早く抜く方法

お酒を身体から早く抜く方法!

前日に飲んだお酒が翌日まで残っていると酒気帯び運転のリスクが高くなるだけではなく、二日酔いの症状で悩まされやすくなります。

頭が痛くなったり吐き気を催したりという二日酔いの症状はとても辛いですよね。

この辛い症状を早く乗り切るには、体内のアルコール分解速度を早める対策をしないといけません。

どうすればお酒を身体から早く抜くことができるのか、幾つかの方法を見ていきましょう。

  • とにかくたくさんの水分を摂取する(水分の摂取量が足りないとアルコールが体内に残りやすい)
  • グレープフルーツなどの柑橘系の果物を食べる(フルクトースがアルコールを水と二酸化炭素に分解するサポートをしてくれる)
  • アルコールの分解を促すオルニチンが含まれている食べ物を食べる(牡蠣やシジミなど)
  • なるべく寝ないで起きている(睡眠中は肝臓の活動が低下し、アルコールの分解能力が弱くなる)
  • アセトアルデヒドを分解するL-システインを含むハイチオールCなどの医薬品を飲む

「お酒を飲み過ぎた時は水分を摂取するのが良い」という話は有名です。

ただし、身体がアルコールを分解する能力には限界がありますので、お酒の量を減らして飲み過ぎを予防するのが大事だと心得ておいてください。

逆転の発想!?そもそも「次の日に残りにくい」お酒を飲む

先程は「お酒を抜く方法」を紹介しました。しかし、早く抜くといっても限界がありますし数字で見ると飲める量は結構少なめに制限されてしまいます。表を見て、飲める量に「少ない」と思った方も多いですよね。

そこで、そもそも「抜かなければならないアルコール(※)」を最初から少なくし、気軽にお酒を飲める方法を考えてみましょう。

※ここで言うアルコール量は上記の純アルコール量ではなく、二日酔いの原因となる総合的な意味でのアルコールを言います。

お酒の種類を考える

お酒には大きく「醸造酒」・「蒸留酒」・「混成酒」と言われる種類があります。主に製法による分類となっており、醸造酒は、ワインやビール、日本酒が代表的な醸造酒です。蒸留酒は醸造酒を加熱、気化させアルコール分を中心に抽出しその蒸気を冷やすことで液化し製造します。混成酒は醸造酒・蒸留酒に対して原料を加えて作る物で主にリキュールが該当します。

簡単に醸造酒・蒸留酒・混成酒の紹介をしましたが、ズバリ次の日に残らないお酒というものは蒸留酒と(蒸留酒を使って作る)混成酒です。これは、蒸留の工程で一度気化させることにあり、不純物が取り除かれるためです。純粋なエタノールに近い蒸留酒は分解負担も少なく、比較的残りにくいとされます。

逆転の発想!?そもそも「次の日に残りにくい」方法で飲む

先ほどアルコールの摂取量を減らすという話をしましたが、簡単にできる事ではありません。まして飲み始めてしまったら飲み始める前の誓いなどアルコールの力によって簡単に忘却されてしまいます。「1杯だけで我慢」そんな事が出来たらこの記事を読んでませんよね?笑

そこで自然と飲む量を抑えられ、少量で満足できる飲み方を考えてみましょう。

45℃以上で楽しむ

日本酒では上燗とも言いますね。注げば湯気が立ちますから多くの人は軽く冷ましながら飲みます。まず45℃ともなると、ぐびぐび飲むのが難しい温度です。そして暖かい空気は上へ上へ行くように、香りも湯気に乗って立ち昇ります。そうです。口に入れた途端香りが鼻を抜けます。味の何割かは香りでと言われるようにアルコールも香りからいくらか感じます。そのため、実際に飲んだ量以上にアルコールを感じる事ができ。冷で飲むより少ない量で酔う(満足する)事ができると言われます。これは熱燗やお湯割りといった飲み方をしたことがある方であれば、少なからず体感した事があるのではないでしょうか。

常に水を一緒に飲む

常にチェイサーを用意し、お酒→水の手順で常に一緒に水を取ることでアルコールを少しでも薄める事や、液体の摂取量が増える事によって早めに満足感を得られ、結果として飲む量を抑えられます。

まとめ

一般的にアルコール量で抜けるまでの時間が語られますが、これはかなりあいまいな物です。個人差は当たり前にありますし、度数が同じであってもお酒の種類によって差があります。ですが、自分の得意なお酒や自分の許容量などを知っておくことが大事なことには変わりありません。

醸造酒が好きな人もウイスキーをロックでたしなむなど、新しいお酒の楽しみをみつけてみませんか?そうする事で夏はロックで冷えたウィスキーを、冬は日本酒を熱燗でなど身体の負担を減らしつつお酒を楽しむ事が可能になりますよ。

酒ぽにはたくさんのお酒が掲載されています。ちょっとした時間に自分に合うお酒を探してみてはいかがでしょうか!

このエントリーをはてなブックマークに追加  総Good:1

PR

コメントをつけるレビュー内容
test4

書き込むキャンセル
味わい
甘口・辛口
風味
味覚
香り
その他
初期化 元に戻す 確 定 キャンセル