• 酒ぽTOP
  • コラム
  • 胃の味方!お酒と一緒に食べるおつまみの選ぶコツ教えます

胃の味方!お酒と一緒に食べるおつまみの選ぶコツ教えます

胃の味方!お酒と一緒に食べるおつまみの選ぶコツ教えます

「身体に悪いものはウマい」そんな格言(?)を聞く機会は少なくありません。事実油っこい揚げ物はお酒の共としてとても優れていると思います。しかし身体によくて美味しい物なら更に嬉しくありませんか?

食べ物を食べながらお酒を飲んだ方が良い理由

お酒を飲む時は、何でも良いので食べ物を食べるのがおすすめです。

なぜ食べ物を食べながらお酒を飲んだ方が良いのか、幾つかの理由を見ていきましょう。

  1. 血中のエタノール濃度やアセトアルデヒド濃度が急激に上がるのを抑えられる
  2. アルコールの吸収スピードが遅くなって酔いが回りにくくなる
  3. 食べ物が胃の粘膜に層を作って荒れるのを未然に防いでくれる

食事を食べずに空腹の状態でアルコールを摂取すると、血液の中のエタノール濃度やアセトアルデヒド濃度が上がりやすいことが分かっています。

胃腸などの臓器への刺激も大きくなりますので、お酒を飲む時には食べ物が必須ですよ。

お酒と一緒に食べるおつまみの選び方をまとめてみた

お酒と一緒に食べる食べ物は、普通の食事である必要はありません。

ちょっとしたおつまみや軽食でも、アルコールの吸収スピードを遅くしたり胃が荒れるを防いだりしてくれます。

ここではどのようなおつまみを食べれば良いのか選び方の目安をまとめていますので、お酒を飲む機会の多い方は参考にしてみてください。

飲んでいるお酒の種類に合わせて選ぶ

おつまみの中には、お酒の美味しさを更に引き出す食べ物があります。

「何となくこれが食べたいから」という理由でおつまみをチョイスするよりも、自分が飲んでいるお酒の種類に合わせて決めるのは選び方のポイントです。

そこで、以下では「ビール」「日本酒」「ワイン」に合うおつまみの目安を紹介していきます。

本当にお酒を美味しく飲みたいな~と考えている方は、自分が好きなお酒に合わせておつまみの種類にも拘ってみましょう。

肝臓の機能をサポートする食材を選ぶ

アルコールが好きな方は、自分の肝臓を労わってあげないといけません。

日本酒3合やビール大瓶3本を2年間~3年間に渡って毎日飲んでいると、肝臓の細胞の内部に中性脂肪が沈着した脂肪肝になるリスクが高まると考えられています。

脂肪肝を放置していると、更に症状が進行して肝硬変や肝臓癌に繋がりやすいので注意が必要ですね。

肝臓はお酒の中に入っているアルコールを分解する働きがありますので、この機能をサポートする食材のおつまみを選びましょう。

肝機能の改善に良い栄養素はビタミンやメチオニンで、魚介類(まぐろ、かつお、いか、たこ)や豚肉(赤身・レバー)、緑黄色野菜(にんじん、ほうれん草、パプリカ)といった食べ物に多く含まれています。

具体的にどのようなおつまみを注文すれば良いのかまとめてみました。

  • 冷やしトマト
  • ほうれん草の胡麻和え
  • 漬け物盛り合わせ
  • レバーペースト
  • たこときゅうりの酢の物
  • いかの一夜干し

鶏肉や豚肉などの肉類に含まれているタンパク質も、アルコールによってダメージを受けた肝臓を修復する働きがありますので、揚げ物のおつまみイコールダメではなく、具材も含めて選択するとよいですね。

お酒の分解を助ける成分が含まれているかどうかで比較する

お酒と一緒に食べるおつまみを選ぶ時は、アルコールの分解を助ける成分が配合されているのかどうかで比較してみましょう。

お酒の中には身体に害を与える成分が少なからず入っていますが、おつまみで植物性タンパク質や動物性タンパク質を摂取していると、その害を相殺できます。

植物性タンパク質や動物性タンパク質は、上記でも説明したように肝臓の機能を回復させる目的でも効果的です。

タンパク質の含有量の多いおつまみは次の4つで、それぞれの効果を合わせて見ていきましょう。

お刺身 コレステロールや中性脂肪を低下させる作用を持つ
枝豆 腹持ちが良くて低カロリーで少量でも満足感が高い
野菜サラダ 豊富な食物繊維が糖分の吸収を妨げてくれる
お豆腐の冷奴 薬味にショウガを加えると身体を温める効果が期待できる

これらのおつまみは全て低カロリーですので、「なるべく太りたくないな~」と考えているダイエット中の女性にもピッタリです。

「お酒よりもおつまみで太る」とイメージしている方は多いのですが、食材の選び方に気を配っていれば体重が急激に増えることはありません。

まとめ

以上のように、おつまみの選び方によってお酒の満足感は更に高くなります。

肝臓の機能を助ける成分やアルコールの分解を助ける栄養素を摂取していれば、健康的にお酒を楽しむことができるのです。

何も食べずにお酒だけを飲むのは身体に良くありませんので、自分の好きなおつまみを合わせて注文してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加  総Good:1

PR

コメントをつけるレビュー内容
test4

書き込むキャンセル
味わい
甘口・辛口
風味
味覚
香り
その他
初期化 元に戻す 確 定 キャンセル